座り心地の良いローソファを見付けよう!3つのチェックポイントを紹介

構造によって異なる座り心地

座り心地を大きく左右するのが搭載されているバネであり、種類ごとに特徴が異なります。しっかりとした弾力を感じやすいのはコイルスプリングで、長時間座っても疲れにくいとして人気です。柔らかさは他の素材と比べ劣るものの、丈夫で長持ちする魅力があります。テープ状のウェービングベルトもひとつに挙げられ、弾力や耐久性はあまり高くありませんが、適度に柔軟性のある座り心地を感じられることでしょう。また、比較的価格が安く、買い求めやすい存在でもあります。他にもSバネという物もあり、波型のスプリングが配置されているのが特徴です。体を面で支えますのでソフトでしなやかなクッション性を楽しめます。耐久性はコイルスプリングには劣りますが、ウェービングベルトよりは長持ちさせやすいです。

クッション材の質も大切

クッション材としてウレタンフォームがよく利用されていますが、密度や厚みによって座り心地は違ってきます。薄型のローソファですと厚みが少なく、底付き感を受けやすいこともあります。デザインの都合でクッション性が犠牲になっていることもあるため、低さや薄さを重視した設計になっている物は注意した方が良いかもしれませんね。

ひじ掛けの有無をチェック

直接的な座り心地に影響を及ぼすわけではありませんが、ひじ掛けの有無によっても使い勝手は違ってきます。ひじ掛けがあれば寄り掛かれますので長時間でも疲れにくくなり、横になった時に枕代わりに使用することもできるでしょう。広く使いたい場合、ひじ掛けがないタイプを選ぶのもおすすめですが、折り畳みができる構造の物なら、気分やシチュエーションに合わせて変形できますので便利ですよ。

ダイニングにソファを設置したいと思っている方も多いと思います。普通の椅子とどっちが良いのか悩んでいる場合はテーブルの高さに合わせて考えてみると良いでしょう。低いテーブルの場合はとても似合います。

関連記事